チャリティーフェスの沿革

Dzhordzh Harrison 1024x576 - チャリティーフェスの沿革

ミュージシャンがチャリティーを行うことを目的として、コンサートやフェスを開くようになったのは、かの有名なビートルズのメンバーだったジョージ・ハリスンが最初だといわれています。そのイベントは、その後のチャリティーフェスのモデルケースとなり、ボブ・ゲルドフが主催したあの有名な「ライブ・エイド」も、このハリスンのチャリティーを参考にしたといわれています。この「ライブ・エイド」の成功と影響は凄まじく、その後も多くのチャリティーフェスが開かれています。

日本におけるチャリティーフェス

日本でもミュージシャンによるチャリティーイベントは盛んで、特に東日本大震災後には頻繁に開催されました。横浜でもNHK横浜が開局80年記念として、平成18年に福祉支援のための歌謡チャリティーコンサートをおこなっています。